ゆうちょpay-easy(ペイジー)とは、ペイジーマークのある払込書等を、ゆうちょATMまたはゆうちょダイレクト(ダイレクトサービス)でお支払いできるサービスです。

 

スポンサーリンク

ペイジーマークのある払込書はどういったところについている?

ペイジーマークが付いている払込書は次のようなところについています。

 

  1. 税金の支払い
  2. 携帯電話などの料金支払い
  3. ネットオークション代金
  4. Amazon・楽天・ヤフオク・楽オク・チケットぴあなどのネットの支払い

 

pay-easyは税金の支払い等で利用しやすいのがメリットです。

ゆうちょpay-easy(ペイジー)のメリット

 

ゆうちょペイジーは、ネット環境があれば、どこでもカンタン支払いが可能です。

なので、ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口に並ばなくてもすぐ支払い

またPay-easy(ペイジ-)国や地方公共団体への税金・料金払込サービスの払込み料金は基本無料で対応してくれます。

 

定期的なお支払いには、Pay-easy(ペイジー)で自動払込みのお申込みすることができます。

 

スポンサーリンク

ゆうちょpay-easy(ペイジー)のデメリット

ゆうちょpay-easy(ペイジー)のデメリットは2つあります。

1つ目は、民間会社の場合手数料を支払う必要がある場合があります。

振替料金送金人または収納機関さまの負担となります。

チャネル 方式 5万円未満 5万円以上
窓口 一括伝送方式 110円 330円
ATM オンライン方式 60円 280円
パソコン、携帯電話 オンライン方式・情報リンク方式 60円

(2)特殊取扱料金

  • 収納機関さまのご負担となります。

ア)一括伝送方式

  • 月間取扱件数が5万件までの収納機関・・・・・取扱件数×3円+20,571円(月額料金)
  • 月間取扱件数が5万件を超える収納機関・・・・・取扱件数×3円+41,142円(月額料金)

イ)オンライン方式・情報リンク方式

  • 1件につき3円

 

2つ目は、ポイント還元当特にない。

 

なので、pay-easy(ペイジー)には、そこまでお得感というものはなく、あくまで手間を減らしたい人向けのサービスです。

 

ゆうちょペイジーはどんな人におすすめ?

「ゆうちょ銀行をよく使う人」「公共期間の税金をコンビニ支払い」している人におすすめです。

 

それ以外の方は特にオススメではありません。

Amazonや楽天でも利用できますが、私としてはポイントがたまるクレジットカードや還元されやすい電子マネーをつかうことをおすすめしたいです。

まとめ

ゆうちょpay-easy(ペイジー)についてでした。

ゆうちょペイジーについては正直公共期間で利用する以外のメリットはそこまで大きくありません。

 

なので、どうしても使いたい人だけご利用ください

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事